スーパーの試食美女との意外な再会

新潟に転勤してきて半年。すっかり自炊も板についてきて、休日の今日はスーパーに買いだしに来ている。今晩のメニューを考えながら加工食品コーナーを見ていると、「こちら新商品なんです。おひとついかがですか?」と、ウインナーの試食を進めてくる女性がいた。それがビックリするくらいの美人だったのだ。俺は試食を受け取り、この美女に貢献すべくウインナーを2袋買い物カゴに入れた。すると美女の表情がパッと明るくなった。その時の俺は、後日この美女と意外な形で再会を果たすことをまだ知らない。次の休日、俺は暇なのでデリヘルを呼ぶことにした。【http://deli-fuzoku.jp/hokuriku/area06064_1.html】のサイトでお店を選び、フリーで予約。が、やってきた女性を見て俺はあんぐりする。なんと、この前の試食美女だったのだ。相手もこちらに気づいたのか、少し気まずそうにしている。しかし俺はチェンジすることなくプレイを続行した。結論から言うと、最高に気持ちよかった。この美女は素股が得意らしく、まるで中に入ってしまっているかのような感覚に興奮した俺はすぐに絶頂に達してしまったのだ。次回からはこの試食美女を確実に指名しよう。そう心に決めた俺であった。

赤ちゃんプレイが好きな俺

告白します。俺は赤ちゃんプレイが好きです。どこでどんな育ち方をしたんだと言われそうですが、新潟で普通に育ちました。この有様なので、彼女ができてもすぐに振られてしまいます。普段は普通の成人男性なのに、夜の営みとなったら突如赤ちゃん言葉を話しだすのですから、気持ち悪がられて当たり前ですよね。気持ち悪い自覚はあります。でもやめられないのです。こんな俺を受け入れてくれる女性はいないだろうか。考えた末に、俺はデリヘルを利用することにしました。デリヘルの女の子なら、きっとこんな俺でも受け入れてくれる。そんな期待をこめて女の子を手配しました。やってきた女の子は癒し系美女。そんな癒し系美女に、プレイが始まる前に俺は事前告知しました。「俺、赤ちゃんプレイが好きなんですけど、そういうの大丈夫ですか……?」美女は一瞬固まりましたが、「全然大丈夫ですよ!甘えてください」と言ってくれました。俺はお言葉に甘え、プレイ中は赤ちゃん言葉を連発。そしてそのたびに「可愛い~!」と黄色い声を上げる美女の神対応。こんなに満たされたのは人生初でした。もっと早くデリヘルに頼ればよかったです。